« 思うところあって | Main | 東京モーターショーに »

October 26, 2005

無宗教の追悼施設

何名かの国会議員が「靖国神社にかわる無宗教の追悼施設を作ろう
という話を出してきているんですが、どうにも気になる点が一つ……
「無宗教の追悼施設」を作るはいいとしても、どうやって「追悼」するのかが非常に気になるのですが……
どのような形であっても、「追悼」という行為は「宗教」と切り離せない行為です。
そして、そこを訪れる人も、戦没者に対する追悼を表す場合は「手を合わせる」「頭を下げる」という事になり、これは慰霊者にとっては「それぞれの宗教観に基づく行為」であることは間違いないでしょう。
「花をたむける」等、慰霊する行為はそもそも日本人の宗教観に基づくものであり、そういうものを排していくと……結局は「戦没者への冒涜」に繋がるのではないでしょうか。

「ご神体」として祀られている方々を、「戦没者」として移動させる……おそらくは靖国ほど手厚くは祀ってもらうこともできないでしょう(「祀る」という行為自体が宗教的意味合いありますし)
この行為そのものが戦没者に対する冒涜であり、また「国家の宗教への干渉」という事にならないのでしょうか?。

|

« 思うところあって | Main | 東京モーターショーに »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 無宗教の追悼施設:

« 思うところあって | Main | 東京モーターショーに »